いまや各界の桧舞台に立ってはなばなしく活躍していたり、そこそこの貢献をしていたりする人びとの名が、活字となってそこかしこに見出されるにつけ、社会に翻弄される彼らへの軽侮の念が私の胸底に押し寄せる。私の両目から涙がこぼれ落ちる。この涙は何のためだろう。涙によって彼らの痛ましい心の傷に同情しようとするのだろうか。自分の中に作り上げようとした高尚な自我を、確立できなかった彼らに―。
 幼いころから挫折と戦う経験が身に余って多すぎたため、もろもろの障害を乗り越えていくための強い誇りが擦り切れ、ゆたかに蓄積されてきた感情もなまった金属のようにもろくなってしまって、自我の仕上げがきかなかった―そんなことだろうか。裏切られる経験が身に余って多すぎたため、あまりにも早く人間への愛を失ってしまった! そんなことだろうか。
 いまはもはや彼らには、いつも動揺しながら安定を欠いている弱い意志を叱咤激励してくれる友はいない。延々とたしなんできた恥ずべき怠惰と、無分別な行為から抜け出る術を彼らは知らない。彼らはかつても、いまも、何の契機もなくひたすら怠惰でありつづける! それが結論なのだ。その荒涼として虚しい人びとへの同情を抱きながらペンを持って机に向かうたび、表現しがたい新しい感情が私の中に沸き立つ。彼らは地上を影か亡霊のように通り過ぎたのではなく、実際に生き、存在したのだ。そう思うとき、机の上で、退屈な私の人生がつかのまに輝く。

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM