JUGEMテーマ:読書
 

 環境はいつのまにか生活の周りに安全な壁を築き、そして、心は絶えず狭まっていく円周の中を旅しはじめる。そんなふうに人間の能力が安全性の中に束縛されると、人は現在の事物や知識を、到達しうるすべてだと思うようになる。これが一切だ、もうこれ以上何もない、現状にとどまれ、ただ一筋にぐるぐる廻れ。食い物と、睡眠と、他人の昔語りの聞きかじりと、老いと死を得よ。

もうこの上できることはないという迷信に匹敵する力を持つものは見つからない。すでに一切のものを持っている、これ以上何もないから進捗は不可能だ、という印象がいったん心に食い入ったが最後、人は地中深く打ちこまれた杭に鉄鎖で繋がれる。ついに円周の半径が決定的なものとなったのだ。

これこそ、安全ではあるが、心にとって最も恐ろしい、最も致命的な室内監禁である。型どおりの家庭生活の行事や行楽、同じ仕事、仕事にまつわる同じ考えやきちんと繰り返される茶飯事、そういうものの中に閉じこめられたとき、私たちはどんなに先鋭な着想や発見の光から見放されることだろう。人は、安穏とした生命の維持を超えた貴重な光を味わうために生まれた。だからこそ、日常の室内行脚の安全な鎖を解き、わがままに、陽射しの強い危険な野の領域へ帰っていかなければならない。

JUGEMテーマ:読書
 

 若い日には、いや若いころにかぎらないが、私たちは何か非常に精神的な心境に達することがある。そんなとき、愛する人が現れると、たとえその人がよそよそしくても、その人がすぐさまその聖なるよそよそしさを捨てることを決して願いはしない。ただその人がいるというだけで私たちは人生に魅了されるようになる。自分の本質が新たに清められたと感じる者は、地上のあらゆる衝動に泡立ちあふれる。精神となり、火となる。そのような幸福にほんとうに包まれている者は、それを失うまいとあらがう。

ああ、あのころ、私の尋問者であった母や教師の目には、こうした人間性の明るい極が見えなかった。彼らはひたすら暗黒の極を凝視し、私を闇の中に引きずりこんだ。かぼそくて、傷つきやすいものが、冷たい毒を含んだ尋問室の空気の中で、どうしてその本来の輝きを保つことができただろう? そこでは、精神の努力も甲斐がなかった。はかなく力弱い苦悩は萎れ去って、あとにはただ、荒涼とした困惑のみが残った。

  • 2011.07.14 Thursday
 

からだや精神にまとう衣裳が人間に儀容を強制するということは、たしかに、いつも衣裳そのものの精神に属していることにはちがいない。しかし、美というものは、制しがたく存在の核心をめがけて突き進んでいく。美は、それによって私たちがくまなく貫き満たされるまで休むことを知らない。

1

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM