JUGEMテーマ:読書
 

おめでとうございます。合格の興奮冷めやらず、感きわまっていることと思います。感激に浸ってください。早大生になれたのですから。

私が四十年も前に歩いたキャンパスや周辺の町並を、きょうから君たちが歩くのだと考えると、四十年という時間の経過の速さに驚くと同時に、若い君たちにあのころの自分の姿を重ねて深い感慨が押し寄せます。早稲田大学は、若かった私に可能なかぎりの青春の喜びを与えてくれた大学でした。

早稲田を出てからの私は、その青春の残り香を大勢の人たちに振り撒くことに意義を見出し、それのみに時間を費やしてきました。三十年近く教職に就いて、肉体と魂を削ってきたのもその気持ちからです。あのころの、読書、恋愛、酒、ギャンブル、友情……どれ一つとっても、私の現在の人格形成に影響していないものはありません。あのころ、ああいう学生生活を送っていなければ、いまの精力的な人生はなかったでしょう。

当時を振り返ると、たしかに、授業には出ませんでしたし、特定の教育者との親交も深めませんでした。クラブ活動もせず、図書館へもかよわず、学園祭にも参加しませんでした。学生の身分を謳歌するのみで、本分を尽くしませんでした。しかし、自分の部屋の机と早稲田大学との往復の道のりに、私なりの青春がありました。このキャンパスと町並から、親しい友とともに、喫茶店へ、雀荘へ、酒場へ、別の友人の棲み家へ出かけていくことにこそ、私の青春そのものがあったのです。

いずれ君たちも年を経て、自分なりの青春にあらためて思い当たって、電気に打たれたようになる瞬間を経験するでしょう。早稲田大学は、そういう充実した思い出を大切にして生きる人びとを永遠に老いさせることがありません。鮮やかな思い出に生き、その思い出の中に死のうとする人びとの永遠のカンフル剤なのです。そういう特殊な大学だと思います。

毎年、四月一日は早稲田大学の入学式です。空は晴れ上がり、桜の花が満開になります。まず雨は降りません。その桜の下から、青春の真っただ中へ飛びこんでいってください。私はこれからも、青春逍遥にあこがれる若者たちを鼓舞して、君たちの後につづく者としてこの喜びを経験できるよう鍛えていきます。それは私の青春をなぞってくれる、ある意味《時代はずれ》の後輩を作り出す努力でもあります。時代はずれとは、時代の流行を考慮せず、本質のみを求め、無意識に時代の最先端をゆく人びとにだけ与えられる特質です。青春はうるわし。その麗しい青春を未来にかけて忘れないために、この現瞬に、ドラマに満ちた、情熱的で、時代はずれの破天荒な学生生活を送ってください。それは君たちに、今しか許されないゆたかな特権です。

ほんとうに、合格おめでとう!

JUGEMテーマ:読書
 

音楽の効能。それは人をさびしさに震えさせることだ。おそらく、

「ついに自分は何者でもなかった」

というさびしさに。

「このさびしい感情に震える瞬間まで生きてきてよかった。この最も人間らしい感覚に浸ることができる自分を確認したからには、生まれた甲斐があったというものだ」

と思わせる豊かな自棄の誘引剤。音楽は、無為の人間を精神的無痛の中に充実して死なせる麻薬である。

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM