JUGEMテーマ:読書
 

小学校以来、半世紀のあまり、情熱家であるということが私の通念になってきたので、そうありたくないと思うときでさえ、自分を知っている人びとの期待を欺かないように、情熱家を装わなければならなかった。そして私はこの欠点を直すことを望みもしなかったし、できもしなかったし、その必要を認めもしなかった。

なぜなら私は面倒なことに対して病的に短気で、面倒を避けること以外に対しては無欲な人間だったからである。生来、私に備わっていなかったのは上昇しようとする情熱であり、争おうとする情熱であり、愛されようとする情熱だった。私は幼いころから、ただこの世にいて、じっと観察していることを望む凡夫だった。したがってその種の情熱の獲得は非常に難しく、ついに学齢期以前には成し遂げられなかった。

しかし、教育体制の中で生きるようしつらえられ、向上欲に満ちたすぐれた集団の中へ放りこまれたとき、自分だけの知る欺瞞としておのずと情熱家を振舞うようになった。すぐれた人たちの中でしか生きられないと悟ったときに、その姿勢は決まったのである。それは私の生涯で最大の欺瞞だったけれども、その欺瞞を終生押し通そうと決意せざるを得なかった。すべて短気を発して狂気にならないためである。それを抑えるために、よく勉学をし、スポーツをし、発言をした。

けだし優秀な人間は情熱を好む。彼らにとってそれが命のすべてだからだ。彼らに逆らうことは面倒くさい。面倒くさいことを吹っかけられて、心の静謐が乱されると、病的な短気を生じる。それは尋常な短気ではなく、彼らを恐怖に陥れるほどのものである。もし情熱家の欺瞞を通していなかったったら、私は犯罪者になっていただろう。習いは変じて性となる。老境に至って、ひょっとしたら自分は生まれながらの情熱家ではなかったかと思う瞬間がある。自分も優秀な人間ではなかったのかと

1

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM