JUGEMテーマ:読書


 

新しい、人目をひく流行は、はた目にはどんなに滑稽でも、平凡な若者のあいだに広まる力をどこかに持っている。何といっても平凡な若者たちは、自分自身についても世の中についても、まだ、じっくり考えたことがないからだ。彼らの模範となるような、流行の先端をいく人間たちは、ぶざまにふるまい、粗野な笑い声をあげ、くだらないおしゃべりをし、だれにでも平気で無礼な受け答えをする。ところがそういう人間たちは、非難されるどころか、ちやほやされ、才気に満ちているとさえ思われている。それを見た平凡な若者たちは考える。

「あんなふうに、ちょっとしゃれたお調子者になるのは簡単だ」

 それまでの彼らは、相応の才能もあり、怠けたりしなかった。それがこう考えるようになった。

「知識が何の役に立つんだ? 何も知らないやつがうまくやってるじゃないか」

 彼らは本をほうり出し、仲間を求めて繁華街をうろつき回る。それまでの彼らは、平凡であるがゆえに、だれに対しても親切で礼儀正しく、声をかけられるまでじっと待ち、行儀よく慎ましく受け答えしたものだった。それがいまでは、風雪に耐えてきた平凡ではない大人と平気で肩を並べておしゃべりはする、自分の意見は述べ立てる、というありさまだ。飛び抜けた思想にたけた人びとをさえ、くだらないことを言っていると鼻先であざ笑い、自分たちのほうが何でもずっとよく知っているのだ、と言い張る始末だ。

 彼らは、もとは、平凡な人間の直観から、粗野な卑しい人間を嫌っていた。それがいまでは、ありとあらゆるくだらない歌にうつつを抜かし、イヤホーンをした携帯コンピューターを指で撫で回し、お化け靴を履き、つまらないものしか入っていないリュックを背負って街路をうろつき回る。そうして、友だちなど少しもほしくないくせに、メールとやらを打ちまくって、これで一人前になったと信じる。こうすれば、ほかでもない、あの有名人たちのように見えるからだ。自分の家でも、よそを訪問しても、彼らはいぎたなく寝そべったり、正式な集まりの席でからだを揺すったり、両手で頬杖をついたりする。いまではそういうのがきわめて魅力的だとされているのだ。見苦しい、愚かしいと、どれほど口をすっぱくしても無駄だ。あのすばらしい有名人たちがそうやっているじゃないか、というわけだ。

 粗野にふるまう有名人は、無自覚な人間どもを相手に粗野にふるまうことを商売にしている人びとだからこそ許されるのだ、許してやらなければならないのだ、と言ってみても、理解力のない彼らに聞く耳はない。自分たちもあの人たちと同じように、行儀などかまわずにふるまう権利があるのだと言い返す。とにかく悲しいことに、メディア好みの有名人のせいで、これまでの平凡な若者たちのよい習慣が、めちゃくちゃになってしまった。しかし、彼らが粗野で気ままなふるまいを楽しんでいられるのは、そう長い時間ではない。どんな平凡な人間にも訪れる理解と成熟が〈恥じらい〉や〈絶望〉という事件を知らせると、とつぜんすべてがさびしく落ち着いた色合いに変わる。

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM