野球はオール・オア・ナッシング。プロになるか、ならないかだ。公園の三角ベースではない。偏差値50の甲子園が到達点ではないのだ。その厳しさ、挫折、希望、実現が描かれないかぎり、私は野球ものの鑑賞をためらう。

なんといっても野球ものの最高峰は、挫折と夢の実現が交錯する『くたばれ! ヤンキース』だろう。ある一流の野球選手がある事情から(事情というのは不可抗力なものだ)プロ野球への道を絶たれるが、中年に至っても夢を捨てきれない。そこへ悪魔が現れ、愛する妻との生活と引き替えに夢を叶えてやる。からだまで若返らせて。当然のこと、彼は大活躍する。しかし、夢が叶ったとたん、いかに妻を愛していたかを思い知り、人間の幸福の本質を悟る。で、悪魔と交渉し……。あとは言わずもがなだろう。

現在書き継いでいる『愛河』の随所に野球が出てくる。野球に対する愛、途絶、プロへの道をあきらめきれない苦しみと、悲しみ、怠惰な放棄、自棄の果ての絶望、といったものだ。野球が私にとってすべてだったころを、永遠に忘れない。それを思い起こさせ、泣かせる小説を読みたい。ちばてつやの野球漫画『誓いの魔球』のような。

 不可抗力にあらがい、敗れ、流す涙こそスポーツの根源だ。

JUGEMテーマ:読書

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM