自分を取り囲むリアルタイムの文明・文化を最高と捉える人間のことを、時代の虜(とりこ)と言います。頭の悪い人のことです。

 たとえば、飛ばないボールと飛ばないバットの時代に、ヤンキーズスタジアムの場外に叩き出したベーブルースや、平和台球場のスコアボードにたなびく旗をかすめていくホームランを打った中西太を忘れて、飛ぶボールと飛ぶバットの現代の130メートルのホームランを讃えている輩のことです。そして、彼らを、ピッチャー等さまざまな野球技術が発達している現代にもってくれば、からきし打てないとこき下ろす輩のことです。ベーブルースや中西太の時代にも、ウォルター・ジョンソンやレフティ・グローブ等、とんでもない速球や変化球のピッチャーがいたのです。

 彼らは自分の生きているいまが最高でないとさびしいのです。進歩の概念に取り付かれているので、時代に関係なく天才が輩出されることを想像できないのです。天才は時代に関係なく、時間の数直線上に生まれる高峰です。それを認めることは、懐古主義ではなく、真実の認識主義です。現代至上主義者が讃えているのは「人間」ではなく、「機械」です。それを所持する人間が、かつての天才よりもすぐれているとする錯誤です。頭が悪いのです。気にしないようにしましょう。現代がすぐれているとほざく人には、

「その機械がすぐれものなのであって、それを持っているおまえじゃないだろ」

 と言ってやりましょう。

 レトロに郷愁の胸をえぐられる感性は、知能よりも才能の分野に属するもので、より高度に情緒の発達した人間しか所持し得ません。芸術しかりです。文明ではなく人間に回帰する高度な情緒を有する天才によって創られた作品を超えるものはありません。時代は関係ないと承知しておいてください。いかなる時代も、すぐれているものがすぐれているだけのことなのです。

 以上のことから、感情の豊かさを快とするあなたの直観は正しいのです。感情の豊かさは知識からは得られません。がんらいの知能がもたらすものです。頭がよくなければ、感情は豊かになりません。頭の悪い現代人を恨まず、時代と関係なく劣った人間を唾棄してください。そして、彼らに引け目を感じることなく、その才能を発揮しつづけて生き、死んでいってください。いかなる時代にも、真実に気づいた才能ある人間は、その浮薄な時代に生きていくのはつらかったはずです。覚悟してください。しかし、そんなあなたを強烈に愛する情操豊かな男女がかならず現れます。才能は才能にしか惹きつけられないからです。

 

 芸術は道端のクソだ。色合いが奇妙な、さびしいクソだ。興味のあるやつだけが近づいていって、好きなだけにおいを嗅げばいい。適度にくさいのは人生の刺激になるけど、くさすぎるのは毒だね。いずれにせよ、野球のような爽快感はない。ただ、ああいうにおいの強いクソをひるには、ホームランを打つのと同じくらいの才能がいるだろうな。

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM