飯場育ちの私は、肉体労働を理想の職業と観じて、切実にあこがれていた。

 早起きをして、高円寺駅の売店でアルバイトニュースを買って喫茶店に入った。きょうから新しい生活が始まる。モーニングサービスを食いながら、土工の仕事を探す。案外少ない募集の中から、時給のいちばん高いものに決める。武蔵小金井・大林組マンション建設作業員・時給千五百円・日勤日払可・就労九時〜十七時・休憩十二時〜一時・宿泊設備あり・面談・履歴書不要。日払可に注目する。高円寺から一本でいける。駅の路線表示で片道の交通費を確かめる。三百七十円。

 家に戻り、冬物のTシャツと綿パンに着替えた。日払いなので帰りの交通費は要らない。ポケットに片道の交通費を入れる。昼飯は食わない。家に戻ってから、焼肉でも食いにいこう。きょうからコツコツ稼ぐのだ。ズック靴を履く。千年平畑の高架橋の下へ出かけていく気分だ。やわな労働などまっぴらだ。

 さびしげな武蔵小金井駅に降り、新聞に書いてある住所を頼りに建設現場にたどり着いた。乱雑に建築資材が山積みされている傍らに、鉄骨だけの建物がそびえている。まだ四階までしか組み立てられておらず、最上階から触覚のように無数の鉄棒が突き出している。事務所にいく。

「早稲田の学生さん? きついよ。無理だと思ったら途中で帰っていいからね」

ヘルメットをチョコンと頭に載せた現場監督が言う。

「だいじょうぶです。やれます」

「じゃ、すぐかかってくれ」

 建物の裾にいき、ニッカボッカに地下足袋の作業主任に挨拶する。軽蔑したような目で見る。

「階から階へ四枚の板が渡してあるだろ。あれを歩いて一番上まで鉄材を運ぶ。担げるだけ担げばいいが、五本はつらい。三本ぐらいにしておけ」

 すでに何十人もの作業員たちが持ち場についている。声をかけ合っている。鉄材を運んでいるのは四、五人だけだ。私のような格好をしているやつは一人もいない。すれちがう男たちが、主任と同じ目で私を見る。

「ほれ、これを肩にあてたほうがいいぞ」

 厚手の雑巾のようなものを放ってよこす。鉄材は空地に無造作に積まれていて、直径二センチくらい、長さ四メートルほど。一本を持ち上げてみると、とてつもなく重い。これはたいへんなことになった。あたりの男のまねをして、しゃがみこみ、三本ようやく肩に載せた。棒がしなるので、立ち上がるのがえらい骨だ。重心を見つけてどうにか立ち上がり、歩きだす。鉄材のたわみに負けてよろよろする。五十センチほどの幅の板に乗り、登っていく。牛の歩みだ。肩に異様な痛みを感じる。男たちが併行する別の板を歩いて追い越していき、三分もしないうちに降りてくる。ボルトを打ちこむ音、溶接の音、時折の人声。現場というのはこれほど静かなものなのか。西松建設の労務者たちもこうだったのか。四階まで十五分もかかった。大汗をかいている。青物問屋のアルバイトの十倍もきつい。コンクリートの床に鉄材を投げだし、降りていく。

 二度目は多少慣れたのだろう、十分ほどで登りきった。引き返そうとして、とつぜん目まいがした。両手を膝に突いてこらえる。ああ、何をやってもだめだ。みっともない。理想の仕事をしているのに、少しも美的でない。こんなみっともない男に、当然だれも励ましの声をかけるはずがない。よし、今度は四本だ。

 立ち上がるのがやっとだった。板を登りはじめたところで、吐き気に襲われ、うつむいた拍子によろめいて横倒しになった。投げ出された鉄材の上に吐いた。モーニングサービスがすべて出た。

「帰れ、帰れ!」

 主任が叫んでいる。彼の言うとおりだ。そうするしかなかった。手で口を拭い、うつむいて表通りへさまよい出た。胃がへんに痛む。自分に呆れて、涙も出ない。ふと、帰りの電車賃がないことに気づいた。途方に暮れた。

 ―なんてことだ。きょうから新しい生活が始まるだと?

 目についたポリスボックスに立ち寄り、人のよさそうな警官に頭を下げ、財布を落としたと嘘をついた。四百円借りた。しっかり住所と名前と身分を書き、後日、お礼がてら返済にくると約束した 。

「四百円でも公費ということになるから、そうしてくれるとありがたいな」

 商店街を歩いて、肉屋で二十円のメンチを買って食べた。胃袋の痛みが消えた。中央線に乗って高円寺へ戻っていく。窓外に真昼の光がある。無能な男を虚しく包む慈愛の光だ。飯場で六年も幼少時代をすごし、土工を地上の星に見立ててあこがれつづけた勘ちがい野郎が、星の光の底力を初めて知った。無様だ。

 最大の希望が消えた。同時に気取った哲学も消えた。正確には、持病の倦怠を治療する最後の拠りどころを失ったのだ。

 数日後、あのポリスボックスに出向いて、別の警官に四百円を返した。倦怠は人を不誠実にしない。無能でも誠実に生きていける。一縷の希望としてそれだけが残った。

 

 

 あなたには悩むことが栄養だから。人間全体の愚かさに復讐したいのね。人間を愛すればこそよ。詩人には苦悩と箴言がつきもの。芸術家なんだわ。

 

 

「自分の器の中に静かにこもり、大勢の人とぼんやり生きていきたい。心穏やかに、競争のない場所で、愛し、愛されて生きていくんだ」

「なんだそりゃ! 自殺じゃないか」

 

 

 

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM