礼儀作法は敬愛の意を表する人間交際の要具なれば、いやしくもこれをゆるがせにすべからず。  ―福澤諭吉

Related Entry
Comment
不思議に思うのはここのどこかに書いてありましたが川田さんの作品読んで幼い知性がない簡単すぎると言う人がいるらしいですが色々な本読んで作品の価値は複雑さと何ら関わりないことだと思いました。川田さんの詩はかなりの実力だと思います。だから読むにはそれなりの知識を蓄えて挑もうと思います。川田さん程のうんのう弁えてる人は数少ないから羨ましいです。
  • 名無し
  • 2009/10/29 08:24
こんなコアなファンを持っている川田さんがうらやましい。

↓についての感想を述べさせてもらえば、川田さん流の「諧謔」ですね。
還暦を過ぎたって決して衰えぬ好奇心…。「行く道だから…」と彼の一つひとつをじっくりと観察させてもらってます。

毎週木曜と金曜に、タバコを吸いながらのあっちへ飛んだりこっちへ転んだりの会話が楽しい。

管理者の方は東北のご出身とか…。
岩手に生まれ宮城に実家のあるボク、青森が「根」である川田さんに惹かれるのは当然なのか…?
  • luehdorf
  • 2009/10/28 00:08
川田さんの言葉は学者じみたものじゃなく人間としての答えを示してくれる。その声は何よりも胸に滲みるしニーチェのような答えを導く人だと俺は思います。もうちょっとの間川田さんを人間の視点から見たかったと思いますがその権限は俺にはないしまして川田さんの崇高な作家活動を邪魔したくない。一応ルサンチマンにかなった答えだし本人は別に知るわけでもないので迷惑でしょうが。ただモームの作品読んでて頭に浮かんだので。
  • 名無し
  • 2009/10/25 05:41





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM