漫画を読みつづけて六十年になんなんとしている。横浜の浅間下の三帖の板間に母と暮らしていたころに、漫画少年の歴史が始まった。小一から小四にかけての四年間、読みに読んだ。私の小遣いは、一日十五円。工場に勤める母が昼食代として置いていったのだが、私はその十五円を月曜から金曜は貸本に、土曜日は映画に流用した。昼めしを食わない習慣はそのころについた。

当時漫画本の貸し料は、一冊一円から五円と安かった。『影』、『街』、『魔像』といった日の丸文庫を中心に、『忍者武芸帳』、『よたろうくん』、『赤胴鈴之助』、『暗闇五段』、『スポーツマン金太郎』、『ロボット三等兵』、『イガグリ君』、等等等と読み漁った。やがて、「何冊借りても五円でいいよ」と言ってくれた親切なお婆さんの店の漫画棚を、その四年間で征服した。

いまなお、文学書にせよ、漫画にせよ、全集で読む征服癖が身についたのは、その四年間の漫画への没入のおかげだ。一コマ一コマを丹念に見る習慣はその後の活字の熟読に結びついた。人はゆっくりとことを行なえば、多量のものを征服できる。克明な暗記癖もそのころについたのだったが、その癖をもってすれば、青年時代のもろもろの登竜門通過も難がなかった。いまもって漫画を熟読する習慣が、活字ばかりでなく、周囲の景物をも克明に目に収めようとする日常に役立っている。つまり、漫画を継続して読みつづけているのは、感覚の怠惰を戒める大切な叱咤の方途なのである。

JUGEMテーマ:読書

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://shuugen.kawatabungaku.com/trackback/1301877

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM