拙いところが愛嬌になるというのは、素人芸の域である。素人はその素人芸の至らないところを叱られてこそ存在意義があり、けっして褒められてはならない。芸術、学問、演芸、話芸、歌、芝居、スポーツ、ギャンブル……当今、そのすべてにおいて奇異な逆行現象を生じている。玄人を忌み、素人を愛嬌ありとして愛でる―それだけなら、ある種のスカトロジー(糞嗜好)として気味悪がっていればすむが、才能の有無まで逆行させようとしているについては、由々しきこととして見逃すわけにはいかない。
 多数派である純粋な素人は素人に安堵し、情愛すら感じるものだ。少数派の雲の上の人には嫉妬こそすれ、愛を捧げる気持ちにはならない。玄人あるいは玄人を目指す素人は、少数派である玄人に憧れ、有象無象の素人を忌む。堪能すべき才能がないからである。
 しかるに当今の逆転現象は、その才なき輩を才ありとして褒め讃えるものである。それは圧倒的多数の純粋素人を安堵させ、生き甲斐を感じさせ、自らを玄人とさえ錯覚させるためだ。なぜか? 玄人として愛で上げられた素人が商業市場で活躍するようになると、その愚にもつかない作物を彼らに安堵する圧倒的多数のための商品として売りさばくことができ、商品を生み出す後継素人にも事欠かないからである。
 それゆえ、携帯低能小説や幼児倫理少子化小説が、テレビお抱えはいはい学者や成り上がり芸能人保守政治家が、一芸不所持関西しゃべくり芸人や親の七光り木偶(でく)タレントが、無メロディー叫び上げあるいは囁き歌手やブルース知らず黒人嫌いのラップ歌手が、お笑いあるいは歌手上がり大根俳優や小金持ち無目的権威主義監督が、内野安打製造打率至高主義打者や偏差値50甲子園組が、手なりデジタル・リーチ即降り臆病雀士や血統至上本命ハズレ馬券予想師が、幅を利かせているのである。
 彼らの手役は鬼をもひしぐ創造力ではなく、大衆を震え上がらせる表面的な専門周辺知識である。しかしそれはあくまでも下手の横好きの素人芸であって、断じて玄人芸ではない。大衆社会爛熟のもと、彼ら一派の機嫌を損じないように、下手の横好きをプロと呼んであげるようになった。才能の冠まで付けて。
 すべてマテリアリストの金ほしさのゆえに、かくなる現象が流行としてもたらされたのであるが、金に苦労のない、しかも金と流行に根本的に魅かれない、永遠の時空を睨む玄人志向の才人が商権を握らないかぎり(金を好まない商人が存在すべくもないので、私の仮定は言語矛盾であるけれども、強いて先例をたどればパトロン芸術のみが唯一のものである)、能ある玄人のためのルネサンスは訪れない。訪れるとするなら、それは何らかのディザスターによって世界的に金融共同体が破綻するときである。

  • 2008.04.06 Sunday
 私はよく痰を道端や駅の線路上に吐く。マナーとして美しくないことは、もちろん知っている。しかし私は、口の中に痰をためておく不快感に耐えられないのである。そこで、いわば意識下的な瞬間の決断をして、痰を吐き飛ばすのである。その決断をだれも美しく立派だと思ってくれないことは、むろん覚悟の上である。

《断想》

・真の民主主義というものは存在しないに決まっている。民を主にする国家は国家と呼ばない。国家は民を牛耳る人びとを主にめぐるのである。もし民のわがままを許容するようなユートピアを存在させ得るとするなら、権力者が権力にものを言わせて民の意向を蹂躙せずに、民の意見の中で正しいと思われる考え方だけは考慮して採り上げてやるという温情が必要となるだろう。考えられない善政である。考えるだけ時間の無駄だ。民が身につけなければならないのは、深く明るい諦念である。

・日本の文化は中国はじめすべての外国文化を模倣したなれの果てだが、ひどく遅れていたのだから模倣したのはきわめて自然な行為だった。ただ、他人であろうとして懸命に模倣しながら努力を重ねてきたのだけれども、慣れないことを無理して真似たせいで、ひどく疲れ切ってしまった。悲惨なことに、もとの自分も忘れてしまった。

・一般論をなぞれば、地球は科学技術の発達のせいで日々小さくなってきている。トインビーのいわゆる『距離の空無化』である。それは交通機関の発達というより、テレコミュニケーションのせいだ。情報が即時で、世界中に距離がなくなり、共通世界が成立しているのである。人口問題・食糧問題・公害問題等々、地球に住むすべての人間は、地球市民として一つの運命共同体を形成せざるを得ないところまできている。
どこかの脅迫好みの文化人の口から聞いたことがある意見だろう。そこまで国ぐるみの均一化を図る必要はない。いくらインターナショナリズムがよい、共通化がよいといっても、皮膚の色と風土までは変えられないのだ。地球市民などと言わずに、日本市民といいつづけていればいい。皆がどれほど叫ぼうと自分は決して同調しないよ、という誇りさえあれば、世界に共通する腕と頭で地球に参加できる。それこそ、可能な共通化である。

・作品がすぐれていればそれを生み出した肉体や行動がどんなに醜くてもかまわない、という考え方があるが、また現実にそういう場合もまれに見かけるが、十中八九よい作品は美しい肉体と行動から生み出されると、私は確信している。
・専門の匂いのしない人間は素敵だ。学究者の尖鋭な倨傲、高い身分にまつわる人を寄せつけない威厳、宗教家をてらった悲しげな憂鬱、エセ芸術家にありがちな自己中心的な気取り、そういったもののない人間の存在には『位』とでも言うべきものが常にあり、気品があり、人としての位置が高く感じられる。つまり、一個の確たる人間存在のみが意識されるという人格を髣髴とさせる。彼は、普通の人ではない。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

あれあ寂たえ―夜の神話
あれあ寂たえ―夜の神話 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
 筆者18歳から書き溜めた随想集の集大成。
 本の題名である「Alea Jacta est」は、ラテン語を日本語にモジったもので、「ああ、よくここまで生きてきたものだ」の意味。
  エピグラフは、旧約聖書の「伝道の書」。
   『すべてのことは人をうみ疲れさせる
   人はこれを言いつくすことができない』

1  笑い疲れているが、あしたも笑うであろうということ。
     ・・・・・・・・・・
  山師にまごうかたなき挙措を、あしたも耳朶を戦かせながら繰り返すであろうということ。
  きょうと同じように、あしたもこの世の摂理に殺されつづけるであろうということ

Recommend

風と喧噪
風と喧噪 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,800円
『もっとさびしい唄が聴きたい。 聞こえる、聞こえる 窓のむこう 耳を濡らして、夢醒めた夜に。』p.206抜粋
「牛巻坂」の続編とも言える作品。主人公・純一はどうして死を選んだのか。

Recommend

牛巻坂
牛巻坂 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格:1,890円 国内配送料無料
愛―このありふれた歓びと苦脳に翻弄される少年の魂。繊細かつ豊饒な筆致で描き出す凛烈な抒情。

Recommend

鯉人―淀屋辰五郎想い書
鯉人―淀屋辰五郎想い書 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
価格(税込): 3,150円
元禄一代男淀屋辰五郎―その凄絶なる滅び。天下の台所大坂に君臨した御用商人「淀鯉」の盛衰絵巻を異才川田拓矢が鮮烈に描き切った入神の傑作。

Recommend

全き詩集
全き詩集 (JUGEMレビュー »)
川田 拓矢
本体価格:1,456円 
川田拓矢の詩は滑らない。
世界の中心に向かって最短距離を疾走する彼の言葉達は無謀なヘッドスライディングを必要としないのである。
―竹内銃一郎(劇作家)―

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM